見果てぬ夢 Eternal Dream

News 新着情報

About BIWAKOビエンナーレについて

2001年、21世紀の幕開けとともに始まったBIWAKOビエンナーレ。
会場となる近江八幡旧市街は、豊臣秀次により築かれた城下町を基礎とし、近江商人発祥の地として発展しました。
江戸期に建てられた町家が軒を連ねる新町通り、永原町通り、 八幡堀沿いの町並みおよび日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

しかし市内では、放置され荒れ果てた多くの空き町家が点在し、近代建築や駐車場へと姿を変えていくという現状があります。
BIWAKOビエンナーレでは、そうした現状を打開すべく、残された貴重な建物の保存と活用を試みます。
長年放置されていた建物を、地元住民や日本全国から集まる有志たちの手で清掃することから始め、国内外より集まるアーティスト達が各々の空間を作品化していきます。
彼らの手により何年もの間、訪れる者もなく忘れ去られていた建物たちが、生き生きと輝きを取り戻し蘇るそのさまを、作品とともにお楽しみいただければ幸いです。

Marked by the start of the 21st century, BIWAKO BIENNALE first began in 2001. The exhibition utilizes venues throughout the old town of Omihachiman. Omihachiman was built as a castle town by Hidetsugu Toyotomi and is known as the birthplace of the Omi merchants. Today, several areas of the old town are designated for preservation by the city including; Shinmachi street, lined with houses built in Edo period; Nagahara street, the townscape along the Hachiman canal; as well as the grounds of Himure Hachiman shrine. These sites have been registered by the government as "Omihachiman Hachiman traditional buildings preservation district”.

Dotted throughout the old town many empty, old houses can be found that after falling into disrepair eventually become parking lots or new, modern houses. In an effort to save these irreplaceable historic buildings, BIWAKO Biennale attempts put them to use. We begin by cleaning these long neglected buildings with the help of volunteers comprised of both local residents and people from across Japan. Then, artists from home and abroad work with each of the spaces to turn them into works of art. We hope you enjoy experiencing both the artists' work and how the once neglected and forgotten buildings spring back to life with a new radiance.

Artists 参加アーティスト

青木美歌 Mika Aoki/ 淺野健一 Kenichi Asano/ あわ屋 AWAYA/ 池原悠太 Yuta Ikehara/ 石川雷太 Raita Ishikawa/ 石村まなみ Manami Ishimura/ 市川平 Taira Ichikawa/ 井上剛 Tsuyoshi Inoue/ 内田望 Nozomu Uchida/ うらゆかり Yukari Ura/ 奥中章人 Akihito Okunaka/ 河合晋平+君平 Shimpei+Kumpei/ 河村勇樹 Yuki Kawamura/ パオラ・キリシ+ドーナ・リン Paola Quilici+Douna Lim/ パンチョ・キリシ Pancho Quilici/ マチュー・キリシ Mathieu Quilici/ 草木義博 Yoshihiro Kusaki/ 熊瀬紀子+熊澤桂子 Noriko Kumase+Keiko Kumazawa/ コシノヒロコ Hiroko Koshino/ 齊藤江湖 Kohko Saitou/ サークルサイド circle side/ 塩見篤史 Atsushi Shiomi/ クレメント・ジャンダール Clement Jandard/ 新村卓之+エマニュエル・シランジェ Takuji Shinmura+Emmanuelle Schillinger/ 田中太賀志 Takashi Tanaka/ 田中哲也 Tetsuya Tanaka/ 田中誠人 Masato Tanaka/ 田辺磨由子 Mayuko Tanabe/ 友田多恵子 Taeko Tomoda/ 中川周士 Shuji Nakagawa/ 中田耕平 Kohei Nakata/ 二階武宏 Takehiro Nikai/ 西山武志 Takeshi Nishiyama/ 野田拓真 Takuma Noda/ ヨアナ・ハウロット Joanna Hawrot/ BAKIBAKI+井上雅博 BAKIBAKI+Masahiro Inoue/ 羽太広海+羽太祐子 Hiromi Habuto+Yuko Habuto/ 林茂樹 Shigeki Hayashi/ ローレント・フォート Laurent Fort/ レオナルド・ペレガッタ Leonardo Pellegatta/ テオ・ペッソ Teo Pesso/ 三木サチコ Sachiko Miki/ 南野馨 Kaoru Minamino/ 南村遊 Yuu Minamimura/ ガブリエラ・モラウェッツ Gabriela Morawetz/ 藤井誠治 Seiji Fujii/ 藤居典子 Noriko Fujii/ 藤原昌樹 Masaki Fujiwara/ 村井賢治 Kenji Murai/ 八木玲子 Reiko Yagi/ 山田純嗣 Junji Yamada/ 山田浩之 Hiroyuki Yamada/ 山本基 Motoi Yamamoto/ 度會保浩 Yasuhiro Watarai/

Venues 展示会場

会場となるのは、滋賀県近江八幡旧市街に点在する住み手を失った町家や工場など。
そのほとんどが江戸時代に丹精を込めて建てられた貴重な建物です。
会場を回りながら、ゆったりとしたときの流れる町の風情をお楽しみください。

Houses and factories throughout the old town district are used to showcase works of art, most of which were built in the Edo period with traditional craftsmanship. We hope you enjoy the slow pace and laid-back streets the town offers as you walk between venues.

1.まちや倶楽部 Machiya Club/ 2.旧扇吉もろみ倉 OGIKICHI's Storehouse/ 3.尾賀商店 OGA SHOTEN/ 4.喜多七右衛門邸倉 KITA SHICHIEMON's Storehouse/ 5.喜多七右衛門邸 KITA SHICHIEMON's House/ 6.カネ吉別邸 KANEKICHI's Secound House/ 7.遠久邑八幡堀 OKUMURA Hachimanbori/ 8.旧中村邸 NAKAMURA's House/ 9.八幡山展望館 Mt.Hachiman Observation Deck/ 10.村雲御所瑞龍寺門跡 Zuiryuji Temple/EXT.ティースペース茶楽 Tea speace SARAKU

Events イベント

滋賀の魅力発信コーナー

琵琶パール、袱紗、和ろうそくなどの物販に加え、滋賀で発掘された家庭などに残る映像上映もお楽しみいただけます。
日時:会期中開催
場所:BBショップ(まちや倶楽部内)
料金:無料(入場料別途)


ワークショップ「自分だけのオリジナル革製ブックカバーをつくろう」

出展アーティスト藤井誠治(漆作家)によるワークショップ。漆だけでなく、革製品も取り扱う器用な彼だからこそ知る世界を楽しみながら、たった一つのオリジナルブックカバーを作ってみませんか?
日時:会期中随時 *アーティストの都合によりお休みを頂く場合がございます。
場所:BBショップ(まちや倶楽部内)
料金:1000円~



ナイトツアー

日中の表現とは異なる夜の作品を巡るツアー。アーティスト、作品、建物を知り尽くしたBIWAKOビエンナーレスタッフと共に、夜の近江八幡を歩き、ナイトツアーでしか見られない作品たちの魅力をご堪能ください。
日時:毎週金、土曜日(希望者が多い場合、日曜日も開催いたします)18:00~ *9/17,23, 10/28は休
場所:まちや倶楽部、カネ吉別邸
料金:1000円、BBパスポート提示で500円 *参加ご希望の方は17:45にまちや倶楽部へ集合、受付をお願いします。




シンポジウム「未来へのパースペクティブIV」-中国における芸術祭の取り組み-

今回は、今年から始まった中国・鳥鎮の芸術祭「ART WUNZHEN」の総合ディレクター、フェン・ボイ氏を迎えます。彼の取り組みや中国のアートシーンについての講演後、京都造形芸術大学の大野木啓人副学長および、BIWAKOビエンナーレ総合ディレクターの中田洋子も交え、これからの日本のアートの動向について語り合います。
日時:10月24日(月)開場17:30、開講17:45
場所:まちや倶楽部
料金:1000円、BBパスポート提示で500円 *予約優先制。お問合せはHP下記のBIWAKOビエンナーレ事務局へ


パフォーマンスアート[mori]

村上春樹著書『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』から構想を得たパフォーマンスアート「mori」。スウェーデンカルチャーナイト芸術祭2016で上演された作品と、BIWAKOビエンナーレのコラボレーションが見られる2夜限定ライブです。
日時:10月26日(水)28日(金)開場17:30、開講18:45
場所:まちや倶楽部
料金:3000円 *予約優先制。お問合せはHP下記のBIWAKOビエンナーレ事務局へ


Access 交通アクセス

電車でお越しの場合

JR東海道線・近江鉄道「近江八幡」駅下車→
駅北口近江鉄道バス6番乗場「長命寺・国民休暇村」行き→「大杉町八幡山ロープウェイ口」下車

お車でお越しの場合

名神高速道路「竜王I.C」より約12km、「八日市I.C」より約15km近江八幡方面へ

By Train

Omihachiman station North exit→No.6 Omi railway bus stand “To Chomeiji-temple,
Kyukamura hotel”→“Osugi-cho”

By Car

About 12km from Meichin expressway“Ryuo IC”or 15km from“Yokaichi IC”

Ticket チケット・パスポート

会場パスポート
一般:2500円、学生(高校生以下):2000円、中学生以下・障がい者無料


BIWAKOビエンナーレ全会場共通のパスポートです。
まちや倶楽部、JR近江八幡駅北口観光案内所、白雲館、e+チケットチケットぴあにて好評発売中。
※会期期間中有効。1会場1回のみ入場可。

The passport allows access to all the venues.
It can be purchased at Machiya club, Omihachiman station tourist office, and Hakuunkan.

Grants & Sponsors 助成・協賛

Grants 助成

公益財団法人朝日新聞文化財団、公益財団法人大阪コミュニティ財団、公益財団法人関西・大阪21世紀協会、公益財団法人花王芸術・科学財団、公益財団法人河本文教福祉振興会、平成28年度滋賀県「美の滋賀」創造事業/地域の元気創造・暮らしアート事業、公益財団法人秀明文化財団、公益財団法人平和堂財団

Sponsors 協賛

近江八幡まちや倶楽部、尾賀商店、近江牛毛利志満、近江佃煮庵遠久邑八幡堀、株式会社カネ吉ヤマモトフーズ、京都銀行近江八幡支店、食産耕房、夏原工業株式会社、南紀白浜梅樽温泉ホテルシーモア、有限会社フェイム、SOHO clue、インテリアショップCURASU effe、株式会社日吉、和奏、和でん、有限会社アイアンドティー、公益財団法人青樹会滋賀八幡病院、株式会社近江兄弟社、近江ユニキャリア販売株式会社、進々堂商光株式会社、神保真珠商店、株式会社和紙来歩

Partners 協力

あきんど道商店街振興組合、あわ八、株式会社エニアックインターナショナル、近江鉄道グループ、近江八幡左義長保存会、喜多七右衛門邸、旧扇吉もろみ倉、銀聲舎、glaf、滋賀県酒造組合、スウェーデン政府芸術助成委員会、SOLID LIGHTING、ティースペース茶楽、村雲御所瑞龍寺門跡、株式会社ルゥルゥ商會、第46回滋賀県芸術文化祭参加事業

Supports 後援

滋賀県教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会、近江八幡観光物産協会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、株式会社しがぎん経済文化センター、公益財団法人びわこビジターズビューロー、ポーランド広報文化センター、イタリア文化会館―大阪、スウェーデン大使館